日本エコミュージアム研究会

Japan Eomuseological Society

 
 

2024 JECOMS研究大会・発表者募集のご案内

皆様お変わりなくお過ごしのことと思います。

さて2024年度の研究大会の発表者募集を下記の要領により行いますので奮ってご参加をお願いいたします。

担当理事  吉兼秀夫

1.開催日:2024年7月20日(土)午後1時30分開催予定

2.開催形式: Zoomによるオンライン開催

3.研究発表の応募について

(1)発表テーマ:自由 (エコミュージアムに関する研究ならば何でも可)

(2)応募資格:本会会員。複数での発表者の場合は本会の会員が含まれていること。

(3)発表時間は各発表15分、質疑10分。

(4)応募締切り:2024年6月15日(土)

(5) 申し込み必要事項:

1 氏名 (共同発表の場合は共同発表者の氏名)

2 所属 (勤務先や所属団体など)

3 連絡先(住所、E-mail)、

4 発表題目と発表要旨 (200字程度)

(6)申込み方法

吉兼秀夫あてにE-mailで申し込んでください。

1. 件名JECOMS研究発表申込みとして

2. E-mailアドレスこちらまでh_yoshik@kufs.ac.jp

3. 本文に、上記の申し込み必要事項4項目をを記入してください。

(7)その他

1 発表当日の時間的制約もあり、応募が多数あった場合には選考を行うこともありますので、
あらかじめご了承ください。

2 発表は、後日、機関誌『エコミュージアム研究』第30号に論文(機関誌10頁以内)、または研究報告
(6頁以内)として投稿していただくことになっておりますので、よろしくお願いします。

「 2023 JECOMS 全国大会 in 金目 」のご案内

日本エコミュージアム研究会では、例年開催している全国大会の開催地として、会員から見学訪問の希望の出ている地域の中から、今年度は平塚市の「金目エコミュージアム」での開催を企画しました。2019年9月の台風でやむを得ず中止した国際会議では見学および報告を予定しておりましたが、今回可能な範囲で同地で開催することにより、全国的にも希有な活動例として地域博物館との連携に成功している「金目エコミュージアム」での活動から市民活動と地域博物館の連携を学ぶ、との趣旨です。ふるってご参加をお願いします。  (大原一興)

●開催日時 2023年11月12日(日曜日)13:00~16:30
●開催場所 平塚市 金目エコミュージアム
●会場 平塚市金目公民館(平塚市南金目966)および金目地域

金目公民館への行き方案内 (下記の地図参照)

JR平塚駅から2番乗り場「平73・東海大学」、3番乗り場「平77・東海大学」、
7番乗り場・平71,74,75「秦野駅」「秦野駅南口」行きバスで「南金目」下車
(約20分360円)


●内容

13時 開会
(12:30頃から、公民館にて展示をおこなっていますので観覧ください)

13:10~ 研究会  エコミュージアムと地域博物館
―市民・公民館発のエコミュージアムと地域博物館との協働事例から-

報告1 金目エコミュージアムの活動 金目エコミュージアム会長 米村康信氏

報告2 市立博物館との連携について 平塚市博物館学芸員 早田旅人氏

質疑討論 地域博物館とエコミュージアムの関係について(予定)

14:30~16:30 金目エコミュージアム散策

16:30 解散予定

●申し込み:日本エコミュージアム研究会  下記のgoogle Formから

https://forms.gle/agSE3425xbpeqBD56

●参加費 会員 無料
学生 無料
会員外・一般 1,000円

●資料代 500円程度

機関誌「エコミュージアム研究」29号の自由投稿原稿の募集

担当:編集委員会 井上 敏

執筆要領(機関誌25号掲載)に沿って、

●「論文」(400字×45枚)刷り上がり10頁まで、

●「報告」(400字×25枚) 刷り上がり6頁まで、

●「書評」「レターズ」(400字×10枚)刷り上がり2頁までを公募いたします。

「論文」については査読します。提出いただいた原稿を査読し、コメントに対応した再投稿をお願いすることがあります。

応募者は次の応募期限にしたがって電子的な原稿用紙(MSWordのテンプレート)に書き込み投稿して下さい。

[応募期限] 2023年10月15日
投稿原稿の種別(例えば「論文」「報告」など)と仮題を記し執筆の申し込みを下記編集委員長宛てにお送りください。

[投稿原稿締切] 2023年11月30日 (レイアウトまで含めた完成原稿を、メールにて下記編集委員長宛お送り下さい。その際、電子メール本文にタイトル、氏名、所属を明記してください)

【原稿用紙】:下記からダウンロード出来ます。

JECOMSホームページ→各種書式→機関誌などへの投稿書式
… 論文、報告フォーマット(Word文書)
www.jecoms.jp/format/

【原稿等提出先】
E-mailアドレス s-inoue@andrew.ac.jp 編集委員長 井上 敏 あて

(以上)

2023全国大会 in 金目  開催予告

日本エコミュージアム研究会では、例年開催している全国大会の開催地として、会員から見学訪問の希望の出ている地域の中から、今年度は平塚市の「金目エコミュージアム」での開催を企画しました。2019年9月の台風でやむを得ず中止した国際会議では見学および報告を予定しておりましたが、今回可能な範囲で同地で開催することにより、全国的にも希有な活動例として地域博物館との連携に成功している「金目エコミュージアム」での活動から市民活動と地域博物館の連携を学ぶ、との趣旨です。ふるってご参加をお願いします。

開催日時 2023年11月12日(日曜日)13:00~16:30

開催場所
平塚市 金目エコミュージアム

会 場: 金目公民館と金目地域

13:00  開会
13:10~ 研究会  エコミュージアムと地域博物館
―市民・公民館発のエコミュージアムと地域博物館との協働事例から-

報告1 金目エコミュージアムの活動

報告2 平塚市博物館との連携

14:30~16:30 金目エコミュージアム散策

参加費:調整中

申し込み
方法や詳細は,後日このページでご案内します。

2023JECOMS関東例会の開催

フォーラム「生態博物館と文化資源の保存・活用」

開催趣旨
中華人民共和国の生態博物館では、エコミュージアムの理念のもと、生活文化の保護と伝承や地域の発展を目指し、文化資源や創造の過程などのアーカイブ・保存・継承の活動が大学との連携によって行われています。この度、生態博物館の建設や地域の文化資源保護・継承活動を推進している復旦大学の杜暁帆教授(同学・国土と文化資源研究センター長)をお招きし、生態博物館と文化資源の保存・活用をテーマとしたフォーラムを開催いたします。エコミュージアムの課題となる「情報の整理・発信、次世代への引き継ぎ、人材育成」について、参加者の皆様と情報交換できる機会となれば幸いです。

1 日 時 2023年8月9日水曜日 13:30~16:30 (受付は13:00~)

2 場 所 東京藝術大学 音楽学部5号館401講義室 (上野キャンパス)

https://www.geidai.ac.jp/access/ueno

3 内 容
(1)基調講演 13:40~15:10
「中国における生態博物館と文化財保存」
復旦大学文物と博物館学系・教授 杜 暁帆

(2)フォーラム 15:30~16:20

「生態博物館と文化資源の保存・活用 -中国の実践から何を学ぶか-」
復旦大学国土と文化資源研究センター・センター長 杜 暁帆

東京藝術大学未来創造継承センター・センター長  毛利嘉孝

日本エコミュージアム研究会・会長        大原一興

4  主 催  東京藝術大学未来創造継承センター

- 共 催    日本エコミュージアム研究会

5 申込み方法:
締め切り8月5日(土)

東京藝術大学・在学生教職員の方は
Google Form ページから

https://forms.gle/QzuZECSe24YuqGc67

●日本エコミュージアム研究会・関連の方は⇒
Google Form ページから

https://forms.gle/3HGLXos1Qw3LXzSf9

資料代;JECOMS会員1,000円 一般1,500円 学生500円
(当日、お支払いください)

6 フォーラム終了後に、懇親会を開催します。17:00~19:00

● 懇親会:3,000円 (会場:国際交流棟2階「藝大リビング」

*懇親会へ参加希望の方は、フォーラム資料代とは別に当日3,000円を頂戴します。

———————————-

杜 暁帆
復旦大学文物と博物館学系教授、復旦大学国土と文化資源研究センター長
UNESCO Chair Programme?Living Heritage and Community Development 代表、東アジア文化遺産保護学会副会長、中国文物保護技術協会副理事長等。専攻:文化遺産保護理論研究と実践。

———————————-

毛利嘉孝
東京芸術大学大学院国際芸術創造研究科教授、音楽学部音楽環境創造科教授、未来創造継承センター・センター長。社会学者。専門はメディア/文化研究。特に現代美術や音楽、メディアなど現代文化と都市空間の編成や社会運動をテーマに批評活動を推進

———————————-

大原一興
日本エコミュージアム研究会会長、横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門教授。研究分野はエコミュージアム、ファシリティマネジメント、医療福祉施設、建築計画、高齢者住宅、博物館など

———————————-

2023 JECOMS・研究大会のご案内

主催:日本エコミュージアム研究会

日本エコミュージアム研究会では2023年度研究大会を以下の通り開催します
ので、会員の方はもちろんのこと会員以外の方でもご興味ある方は奮ってご参
加ください。
担当理事  馬場憲一 須田英一  森屋雅幸

1.日時
2023年7月22日(土) 午後1時30分~4時  (開場 午後1時)
※参加費無料
2.会場
法政大学大学院棟 2階 202教室
(東京都新宿区市谷田町2-15-2 市ヶ谷キャンパス)
http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campus/  参照

3.発表テーマ・発表者・発表要旨  (発表と質疑の時間は1テーマ30分を予定)

●発表テーマ:パブリックアートとエコミュージアム
-タイムストーンズ400再創造プロジェクトを中心に-

中原 薫(京都芸術大学大学院芸術研究科研究員)

【発表要旨】
大阪市東淀川区JR新大阪駅1F駐車場に位置する今井祝雄作『タイムストーンズ
400』は、「大大阪の21世紀計画」と「大阪城築城400年祭」にちなみ大阪北
ライオンズクラブが建立者となったパブリックアートである。制作は日本の現
代美術を代表する具体美術協会元会員の今井祝雄、施工乃村工藝社により1982
年(昭和57年)に完成した。地域社会に奉仕することがモットーだったため『
タイムストーンズ400』は当時の国鉄に寄贈された。しかし新大阪駅のある
国鉄はJR西日本とJR東海となり、当初設置された土地はJR西日本から大阪市へ
等価交換されたため管理者が不明の状態が続いている。令和3年度文化庁「大学
における文化芸術推進事業」大阪大学大学院人文学研究科アーツ・プラクシス
人材育成プログラムにおいて展覧会・トークイベント・シンポジウムを実施し
た。プロジェクトの実践結果を報告するとともに、パブリックアートのエコミ
ュージアム化への課題を検討する。

●発表テーマ:
植栽樹木ネームプレートとデータベースを使った オリエンテーリング的自然
観察

-エコミュージアムにおけるQRコード活用の仕掛け-

淺野敏久(広島大学)・塩路恒生(広島大学)・池田誠慈(広島大学)

【発表要旨】
本報告では,「キャンパスまるごと博物館」の活動を行っている広島大学総合
博物館が,キャンパス内に設置した植物ネームプレートと,ウェブサイト内に
設けた構内樹木データベースを活用したキャンパス歩きの取り組みを紹介する
とともに,データベースとQRコード表示板とネイチャーゲームのアクティビテ
ィ(めざせ名探偵!)を結びつたこの仕組みを,「地域まるごと博物館」に展
開するための提案や実施する上での課題について報告する。

●発表テーマ:
文化遺産の保存機能としてのエコミュージアム活動について
-山梨県大月市賑岡町浅利区の事例から-

稲垣自由 (大月市教育委員会社会教育課)

【発表要旨】
大月市賑岡町にある浅利区では、区民を中心に地域の歴史や文化について学習
する「浅利を知る会」が組織され、月に一度活動を行い、また、区内の情報共
有や情報発信のため、「ホームページ委員会」を設立して区営のホームページ
が運営されている。
地域の文化遺産を用いた学習は、地域住民による学習の場と機会を提供し、同
時にそれは文化遺産の存在理解を促進させ、現地での保存に結び付いている。
活動拠点は公民館(分館)であるが、公開施設として運営されていない。しか
し、浅利区には区営のホームページが存在し、「浅利を知る会」の活動によっ
て蓄積された情報にアクセスすることができ、区内および区外への情報発信の
媒体になっている。
本発表では、浅利区の「浅利を知る会」と「ホームページ委員会」の活動を紹
介し、このような活動をエコミュージアム活動と位置づけ、エコミュージアム
活動のもつ保存機能について論じる。

●発表テーマ:
市内全コミュニティによるエコミュージアム活動の実践

(茨城県日立市)
今橋克寿 (鈴寿坊・イーハトーブ・エコミュージアム総合研究所)

【発表要旨】
国内有数の電気関連の企業の城下町である工業都市日立市において、全コミュ
ニティにより20年以上にわたって取り組まれている『地域の魅力発見ツアー』
は、すぐれてエコミュージアム的な生涯学習、人づくり、まちづくり事業と言
えるものである。その実績と成果並びに課題から、エコミュージアムの一つの
姿の検証を試みる。

●発表テーマ :
日本型エコミュージアムの要件とその提唱-その設置に向けた一試論-

馬場憲一 (法政大学エコ地域デザイン研究センター)

【発表要旨】
日本各地で「エコミュージアム」と称する取り組みが試みられている。日本で
のそれらの試みはエコミュージアムの概念を柔軟に変化させ取り組まれている
が、ミュージアムとして本来有すべき機能などの点からみていくと多くの課題
がある。そのためフランスのエコミュージアムと日本の「エコミュージアム」
活動の比較や近年の文化財行政の動向を紹介し、日本にふさわしい「日本型エ
コミュージアム」の要件を提示し、その設置を提唱していく。

4.開催形式
会場での対面とZoomでの配信を併用して実施します。
※ただし発表者は会場に参集して対面での発表を行います。

5.参加申し込み
事前申込はこちらからお願いします。申込みの締切りは7月14日(金)としま
す。

https://forms.gle/3JaGtNm9aTHvdhxS7

当日のZoomへの接続先は事前に申し込みをいただいた方のみにお知らせいたし
ます。お届けいただいたメールアドレスに3日前までお送りいたします。メール
が届かない場合は事務局 jimu@jecoms.jp までご連絡ください。

6.個人情報の取り扱い
参加者の個人情報はこの企画の連絡と事後アンケートのみにしか使用いたしま
せん。

2023 研究大会・発表者募集のご案内

皆様お変わりなくお過ごしのことと思います。
さて2023年度の研究大会の発表者募集を下記の要領により行いますので奮ってご参加をお願いいたします。

担当理事  馬場憲一 須田英一  森屋雅幸

1.開催日2023年7月22日(土) 午後1時30分~(研究発表終了まで)

2.大会会場法政大学・市ヶ谷キャンパス 大学院棟 2階 202教室
東京都新宿区市谷田町2-15-2

3.開催形式:会場での対面とZoomでの配信を併用(予定)。
※ただし発表者は会場に参集して対面での発表をお願いいたします。

4.研究発表の応募について
(1)発表テーマ:自由 (エコミュージアムに関する研究ならば何でも可)
(2)応募資格:本会会員。複数での発表者の場合は本会の会員が含まれていること。
(3)発表時間は各発表20分、質疑10分。
(4)応募締切り:2023年6月10日(土)

(5) 申し込み必要事項:
①氏名(共同発表の場合は共同発表者の氏名)
②所属(勤務先や所属団体など)
③連絡先(住所、E-mail)、
④発表題目と発表要旨(200字程度)

(6)申込み方法
○馬場憲一あてにE-mailで申し込んでください。
○送付先
件名「JECOMS研究発表申込み」として
E-mailアドレスこちらまでkenbaba@hosei.ac.jp

(7)その他
①発表当日の時間的制約もあり、応募が多数あった場合には選考を行うこともありますので、あらかじめご了承ください。
②発表は、後日、機関誌『エコミュージアム研究』第29号に論文、または研究報告として投稿していただくことになっておりますので、よろしくお願いします。
以上 (馬場憲一 須田英一  森屋雅幸)

2022 全国大会 in 萩 開催おしらせ

台風のために途中で中止になった2019年度,新型コロナウィルスのためにオ
ンライン開催となった2020,2021年度を経て,4年ぶりに対面での日本エコミュ
ージアム研究会(JECOMS)の全国大会を山口県萩市で開催することにします。

日本の近代化に多大な影響を与えた土地として,歴史的・文化的遺産を多く
伝える萩市では,かねてより「萩まちじゅう博物館」の活動が進められていま
す。2018年度の全国大会において,この活動について報告してもらいましたが

実際に現地を訪れてみたいとの声が高まり,この度,萩市での全国大会を企画
するに至りました。

また,萩市には,阿武火山群と呼ばれる独立単成火山群が存在する場所とし
ても知られ,日本ジオパークネットワークにおける「萩ジオパーク」にも指定
されています。萩市は,歴史・文化遺産のみならず自然遺産にも恵まれていま
す。そして,ジオパークについては,エコミュージアムとの共通点・相違点に
も関心が寄せられ,JECOMSの研究会のテーマにもしてきました。

エコミュージアムの活動といえる萩まちじゅう博物館があり,日本ジオパー
クでもある萩市を訪れ,現場を見ながら,活動の実情を知り,そこでの取り組
みを学ぶことを目的とした全国大会を行うことにしました。特に,ここでは見
学ツアーが有料の観光商品としてメニュー化されており,他の地域にとって参
考になると考えられます。まちじゅう博物館とジオパークそれぞれのツアーに
参加し,その進め方や特徴について学びます。

なお,久しぶりの現地・対面での全国大会であるので,各地からの参加者同
士の情報交換や交流の場となることも期待します。

日 時:2022年11月19日(土)20日(日)

場 所:山口県萩市

参加者:JECOMS会員,およびエコミュージアムに関心をもつ方はどなたでも

参加費:4,000円(宿泊費・食事代は含まない) ※懇親会は公式には実施しま
せん。

※宿泊の手配は,参加者それぞれで行ってください。

申し込み:2022年11月6日(日)までとします。

申込方法:以下のgoogle Form から

https://forms.gle/wD7qw7UQ5sTAWhVA8

日 程:

【初日】

◎13:30:萩・明倫学舎3号館に集合・受付

◎14:00-17:00:講演&意見交換会

・萩まちじゅう博物館および萩ジオパークについて

・参加するJECOMS会員からの活動報告・意見交換

【2日目】

◎9:00 集合(場所未定)

◎9:30-11:00:笠山ガイドツアー

◎11:30-12:30:道の駅・萩シーマートで昼食

◎13:00-14:30:堀内伝建地区コース

◎15:00 解散

問合せ先:淺野敏久(広島大学大学院人間社会科学研究科)
:2022年度JECOMS 全国大会担当理事

E-mailアドレスtoasano@hiroshima-u.ac.jp

電話:082-424-6364(直)

2022関東例会の参加者募集

関東例会を以下の通り開催します。奮ってご参加下さい。

例会担当  須田英一 馬場憲一 森屋雅幸

1.テーマ

市内全体を博物館と見立てた「よこすかルートミュージアム」のコア施

設とサテライトを巡る

2.開催趣旨

神奈川県横須賀市が2021年5月から取り組んでいる「よこすかルートミュー

ジアム」事業を具体的に理解するため、その施策内容を聞き、コア施設を

見学後、近隣のサテライト施設を訪ねる。

3.期日 2022年10月30日(日) 13:00~17:00

4.集合場所

・よこすか近代遺産ミュージアム ティボティエ邸

(横須賀市汐入町1丁目1 横須賀市ヴェルニー公園内) 13:00

アクセス:京浜急行「汐入駅」から徒歩5分、

JR横須賀線「横須賀駅」から徒歩5分

5.内容

・ティボティエ邸 13:00~14:30

▲館内見学

▲館内シアターにて「よこすかルートミュージアム」事業の施策に

ついての講話

新野 勉 氏(横須賀市文化スポーツ観光部 文化振興課)

▲館内シアターにて映像鑑賞 「横須賀造船所めぐり」等

・近隣サテライト見学 14:30~

逸見波止場衛門 → スチームハンマー(ヴェルニー記念館内) →

JR横須賀駅駅舎 → ドブ板通り → 世界三大記念艦「三笠」 →

三笠ビル商店街

横須賀市生涯学習課でティボティエ邸等の近代化遺産の調査に携わった

職員の野内秀明氏が同行します。

※「三笠」の観覧時間が17:00迄です。観覧後、帰路の中で三笠ビル商店街

に寄りつつ、京浜急行「横須賀中央駅」に向かいます。

6.申し込み方法

・参加者は会員・会員外を含め20名を募集します。

・次の申し込みフォームからお申し込み下さい。

申し込み期限は10月23日(日)の17時です。

https://forms.gle/obqt1zVF7mqELjuC6

7.その他

・ティボティエ邸の入館料は無料、ティボティエ邸内シアターの観覧料は

200円、世界三大記念艦「三笠」の観覧料は600円(65歳以上は500円)が

かかります。

以 上

2022全国大会 in 萩 開催予告

歴史・文化遺産に恵まれた萩市では「萩まちじゅう博物館」の活動が進めら

れています。2018年度の全国大会で,この活動について報告してもらいました

が,実際に現地を訪れてみたいとの声が高まり,この度,萩市での全国大会を

企画するに至りました。

また,萩市には,阿武火山群と呼ばれる独立単成火山群が存在する場所とし

ても知られ,日本ジオパークネットワークにおける「萩ジオパーク」にも指定

されています。ジオパークについては,エコミュージアムとの共通点・相違点

に関心が寄せられてきました。

エコミュージアムといえる萩まちじゅう博物館の活動があり,日本ジオパー

クの1つでもある萩市を訪れ,関係者の方々のお話をうかがい,現場を見ながら

,その取り組みを学ぶことを目的とした全国大会を行います。特に,ここでは

見学ツアーが観光プログラムとして提供されており,他の地域の活動にとって

参考になります。まちじゅう博物館とジオパーク,それぞれのツアーに参加し

,その進め方や特徴を学びます。

なお,久しぶりの現地・対面での全国大会なので,各地からの参加者同士の

情報交換や交流の場となることも期待します。

日 時:2022年11月19日(土)~20日(日)

場 所:山口県萩市

参加者:日本エコミュージアム研究会(JECOMS)会員,

およびエコミュージアムに関心をもつ方はどなたでも

参加費:4,000円(宿泊費・食事代は含みません)。当日会場で徴収します。

※懇親会は実施しません。

※宿泊の手配は,参加者それぞれで行ってください。

申し込み:2022年11月6日(日)までとします。

申込方法:以下のgoogle Form から

https://forms.gle/wD7qw7UQ5sTAWhVA8

日程(予定)

:大会の詳細は,大会当日が近づいたら改めて申込者に連絡します。

【初日】

◎13:30:萩・明倫学舎3号館に集合・受付

◎14:00-17:00:講演&意見交換会

・萩まちじゅう博物館および萩ジオパークについて

・参加するJECOMS会員からの活動報告・意見交換

【2日目】

◎9:00 集合(場所未定)

◎9:30-11:00:笠山ガイドツアー

◎11:30-12:30:道の駅・萩シーマートで昼食

◎13:00-14:30:堀内伝建地区コース

◎15:00 解散

問合せ先:淺野敏久(2022年度JECOMS全国大会担当理事)

E-mailアドレス toasano@hiroshima-u.ac.jp

サイト内の検索

お知らせ

▲▲▲メルマガは会員宛に送信しています。アドレス変更等の連絡いただけずに、配信不可の方いらっしゃいます!至急、アドレスご確認ください。 ▲▲▲メルマガは会員宛配信後、ここで2~3カ月後の公開です。会員には随時送信。

最近の更新記録

カテゴリー

アーカイブ