日本エコミュージアム研究会

Japan Eomuseological Society

 
 

Archive for 11 月, 2009

2009関東例会・詳細

関東例会「千葉県房総横断鉄道沿線エコミュージアムを訪ねて」
ご案内(11月14日・千葉)
【開催概要】
日時 11月14日(土)千葉県大多喜町(参加費:無料、当日参加も可)
※東京から参加の方は、8:21発 JR京葉線快速に乗車が便利です。
(東京駅B4F 京葉線ホーム発/房総半島横断乗車券1,600円
詳細は下記をご覧ください。)
★小湊鉄道「五井駅」9時22分発に乗車
※五井駅で房総半島横断乗車券1,600円(五井~大原)をご購入下さい。
:房総半島横断乗車券は小湊鉄道五井駅での販売になります。
東京駅から五井駅までのJR乗車券は別途必要です。
9:30~10:30 小湊鉄道の車中で「エコミュージアム懇談会」
11:10~13:20 城下町大多喜を散策
13:30~17:00 「地域を活かすエコミュージアム」シンポジウム
参加費  無料(但し交通費・食事代等は個人負担)
申込み  ☆小湊鉄道車中の「エコミュージアム懇談会」
参加希望の方は、なるべくjecoms事務局へ事前にお知らせください(当日参加も可)
日本エコミュージアム研究会 事務局(嵯峨創平)
Fax: 042-495-8963   URL: http://www.jecoms.jp/
☆城下町大多喜の散策/「地域を活かすエコミュージアム」シンポジウムは、事前申込み不要です。
詳細情報は、主催者[洸楓座]HP → http://www.kofuza.jp/kofuza/
★千葉県房総横断鉄道沿線エコミュージアムを訪問
小湊鉄道・いすみ鉄道沿線のいすみ市、大多喜町、睦沢町、市原市を対象とした展開です。観光力・地域力の向上をはかるために、地域をプロデュースする人材(人財)の育成を目標にしています。
観光客を運ぶローカル鉄道に乗り、来訪者から見た地域資源、地元の人が守り、受け継いでいく地域資源を見いだし、地域の魅力を高めていきます。
★小湊鉄道の車中で「エコミュージアム」懇談会を開催
小湊鉄道の五井駅発 09:22~10:31 上総中野着(1時間09分)の間に、特別車両を増結していただき、車中で「エコミュージアムの活動」をテーマに懇談会を開催します。※参加人数に応じて、車両の半分は一般のかたも乗車されますのでご了承下さい。
上総中野からは、いすみ鉄道に乗り換えて大多喜へ向かいます。
(上総中野発 10:43~11:07 大多喜着)
参加費は無料です。
※但し乗車券をご購入下さい。
房総半島横断乗車券(当日限り有効)料金 大人1,600円
発売場所 小湊鐵道・五井駅ホーム事務所
五井駅から大原駅(いすみ鉄道)までの房総半島横断切符です。
いすみ鉄道「大多喜駅」から、帰りも小湊鉄道をご利用になる場合は別です。
東京からの往路:東京発 08:21~09:02 蘇我着 JR京葉線快速(東京駅京葉線ホームから)
蘇我発 09:06~09:16 五井着 JR内房線・館山行
五井発 09:22~10:31 上総中野着 (1時間09分)小湊鉄道・車中会議
上総中野発 10:43~11:07 大多喜着  いすみ鉄道・大原行
●復路:大多喜17:33 →大原18:02(いすみ鉄道)
大原18:22 →特急→東京19:36
※参考:「五井」までの行き方は、東京駅から総武本線ホームの方法もあります。
東京発 08:10~08:49 千葉着 JR快速エアポート成田・成田空港行
千葉発 08:58~09:16 五井着 JR内房線・館山行
また、五井での乗り換え時間が少ないので、チケットを購入する時間も含め、
可能であれば、以下をお勧めします。
東京発 08:07~08:50 蘇我着 JR京葉線快速 (京葉線ホーム)
蘇我発 08:53~09:03 五井着 JR内房線・木更津行
★城下町大多喜を散策(11:10~13:20)
いすみ鉄道で到着後は城下町大多喜を自由散策していただき、シンポジウム
会場の大多喜町中央公民館(13時30分開始)へ向かいます。駅前の観光本陣
で観光情報が入手できます。
※11:20~12:30は、大多喜町案内人によるガイドがあります。
:参加は自由ですが無料ガイドをお願いしました。
大多喜町http://www.town.otaki.chiba.jp/
昼食の食堂は、街中にいくつかあります。地元の情報では「自然食」のランチが摂れるお店「蔵精」が開店したようです。http://kurashow.com/
★「地域を活かすエコミュージアム」シンポジウム(13:30~17:00)
シンポジウムでは「地域を活かすエコミュージアム」をテーマに、地元の人々にとってのエコミュージアムを考え、これからのあり方を探ります。
日程:平成21年11月14日(土)
場所:大多喜町中央公民館
プログラム詳細:今回主催者の洸楓座のHPにあります。
http://www.kofuza.jp/kofuza/
※お申し込みは洸風座になっていますが、上記の車中懇談会へのお申し込みはjecoms事務局へご連絡下さい。
(HP上の案内)
■地域活性化フォーラム 「地域を活かすエコミュージアム」
エコミュージアムって何だろう? 私たちの町でどう展開できるだろう?
【日時】 2009.11.14[土] 13:30~17:00
【場所】 大多喜町中央公民館
【後援】 日本エコミュージアム研究会、日本建築美術工芸協会(有志)
【協力】 大多喜町・睦沢町・市原市・いすみ市・いすみ鉄道・小湊鉄道・千葉三菱
コルト自動車販売(依頼中も含む)
【司会】 山川建夫(フリーアナウンサー、元フジTVアナウンサー)
【次第】 プログラムは、ここをクリックして、2ページ目です。
13:30~ 開会/山川建夫
13:35~ 歓迎メッセージ/鳥塚亮(いすみ鉄道)
13:45~ エコミュージアムについて
/大原一興(日本エコミュージアム研究会)
14:30~ いすみ鉄道・小湊鉄道沿線地域でのエコミュージアムにつ
いて
/久野一郎(睦沢町立歴史民俗資料館)
14:50~ 大多喜でのエコミュージアム活動
/和泉貞夫(大多喜町城下町案内人の会)
15:10~ (休憩10分)
15:20~ アートによる地域づくり
/七字祐介ほか(日本建築美術工芸協会)
16:05~ 観光開発事例紹介/伊藤琢也(JTB首都圏)
16:25~ 意見交換・総括/佐藤建吉(洸楓座・千葉大学)
16:55~ 閉会/山川建夫
【入場無料】
*iMiEVも大多喜駅から会場(中央公民館)まで、ピストン輸送します。ただし、
乗れない場合もありますので容赦願います。
*乗車いただいた方には、簡単なアンケートの記入をお願いします。

日本エコミュージアム研究会メールマガジン 39号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本エコミュージアム研究会メールマガジン 39号  <2009.10.3>
発行人:大原一興、 編集人:嵯峨創平
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[目次]
1. 機関誌15号自由投稿原稿公募のお知らせ
2. 関東例会のご案内(予告/11月14日・千葉)
3. 理事会(2009年度第2回/8月30日)の議事録
4.事務局からのおしらせ
——————————————————–
■1. 機関誌15号自由投稿原稿公募のお知らせ
——————————————————–
機関誌15号自由投稿原稿公募のお知らせ
機関誌『エコミュージアム研究』15号(2010年3月発行予定)の投稿原稿
を会員の皆さまから募集します。
執筆要領に沿って,「論文」10頁まで,「報告」6頁まで,「書評」「レターズ」
2頁までを公募いたします。「論文」とされたものについては,査読するとい
う原則から,提出いただいたものにコメントをつけてお返しし,再投稿をお
願いすることがあります。
応募者には電子的な原稿用紙(MSWordのテンプレート)を送 付いたしま
すので,次の期限にしたがってご応募下さい。
(機関誌編集委員長 淺野敏久)
●申込期限:
2009年10月13日までに,タイトル,氏名,所属を,電子メールでJECOMS
事務局宛お送り下さい。
●原稿提出期限:
「論文」については、2009年11月10日までに,レイアウトまで含めた完成
原稿を,メールにてJECOMS事務局宛お送り下さい。
「論文」以外については、2009年11月30日までに,レイアウトまで含めた
完成原稿を,メールにてJECOMS事務局宛お送り下さい。
——————————————————–
■2. 関東例会のご案内(予告/11月14日・千葉)
——————————————————–
☆千葉県房総横断鉄道沿線エコミュージアムを訪ねて☆
千葉県の内房と外房を結ぶ“小湊鉄道・いすみ鉄道”沿線のいすみ市、
大多喜町、睦沢町、市原市を対象とした展開です。観光力・地域力の
向上をはかるために、地域をプロデュースする人材(人財)の育成を目
標にしています。
観光客を運ぶローカル鉄道に乗り、来訪者から見た地域資源、地元の
人が守り、受け継いでいく地域資源を見いだし、地域の魅力を高めてい
きます。
シンポジウムでは、「地域を活かす”エコミュージアム”」(仮題)をテーマ
に、地元の人々にとってのエコミュージアムを考え、これからのあり方を
探ります。
●日程:平成21年11月14日(土)
●工程:いすみ鉄道に乗車(大原駅10:39出発→大多喜駅12:14到着)
大多喜町の散策
シンポジウムの開催(大多喜町中央公民館)
※詳細は、改めてお知らせします。
(担当理事 大山由美子)
——————————————————–
■3.2009年度第2回理事会(8月30日)の議事録を公開します
——————————————————–
日本エコミュージアム研究会2009年度第2回理事会 議事録
〇日時 2009年8月30日(日)11:00~13:00
〇場所 東村山市中央公民館 第1会議室
〇出欠 (出席)今井信五、大山由美子、木俣美樹男、嵯峨創平、笹谷康之、
中野喜吉、馬場憲一、三橋俊雄、吉兼秀夫
(欠席=委任状)淺野敏久、安藤竜二、井上敏、井原満明、今橋克寿、大原
一興、菊地直樹
議長:吉兼秀夫
書記:嵯峨創平(事務局)
議事録署名人(2名):大山由美子、馬場憲一
〇議事
【1】.2009年小菅村大会の準備状況と役割分担について【木俣理事】
担当の木俣理事より、小菅大会の準備状況について報告を受け、会誌への
報告執筆分担について下記のとおり決定した。
現在の申込み者数は40名程度(jecoms会員は10名弱)
あと20名は増やして、地元参加と合わせて100名としたい。
2日目の帰路エクスカーションは「おくたまむかし道」1コースに絞る。
次回開催地(朝日町)への大会旗引き継ぎを2日目に行う。
大会報告(会誌15号)の執筆分担
全体とりまとめ(木俣)=下記の各分担の原稿を9月末迄に提出する
1日目エクスカーション:①井原、②中野、③吉兼、④笹谷、⑤嵯峨、⑥大山
2日目ワークショップ:嵯峨
2日目帰路エクスカーション:木俣
【2】.2010年全国大会の開催地について【安藤理事・資料】
2010年の全国大会開催地を山形県朝日町とする。
担当理事は、当面は安藤理事とする。
安藤理事の投げかけを受けて、全国大会のあり方について、11月理事会
においても理事会で継続検討を行う。それまで朝日町・理事メンバー双方から
理事会MLへ(内容・運営・予算について)希望や提案を出しあうこととする。
(参考:当日出された意見)
朝日町20年の歩みから学ぶ、EMのキーワードを深める討論、海外のEM動向
の報告、各理事がテーマ分科会を企画運営し会誌原稿を執筆する、各実践地
から招待報告を行う(第10回大会の経験/報告者への交通費支給)、EMの新し
い情報発信の場に、遠隔地につき2泊3日プログラムとする(1日はオプションに
するなど)、等。
【3】.会誌15号の編集・発行にについて【浅野理事・資料】
浅野理事の資料にもとづき、15号の活動報告と公募原稿の構成と期限につい
て了承した。会誌の内容や魅力向上について協議し、編集委員会とも相談しな
がら、次回理事会でも継続協議することとした。
(参考:懸案事項)
印刷部数400維持?、販促方策、学術雑誌への登録、背表紙へ年号入れ、
(参考:内容充実に関する意見)
メルマガ連載エッセイをまとめて会誌へ掲載する、コラム的な「地域だより」、地
域実践部会のレポート、海外エコミュージアム動向の報告、理事が率先してメル
マガ記事の充実に努める。
【4】.(仮称)「地域実践部会」の名称確定について【井原理事・資料】
井原理事の提案を了承する。
付帯意見として、活動成果を「会員へ還元する」(会誌への執筆等)こと、活動時
に「jecoms入会」を促すことを求める。初年度の活動成果をみて、来年度以降の
予算化を検討することとする。
【5】.その他(次回日程など)
次回理事会は11月14日(土)関東例会当日に、いすみ鉄道車中で行う。
次々回理事会は1月23日(土)に藤井寺で関西例会と併せて行うことを確認した。
〇報告
① 11月例会・理事会の準備状況について【大山理事/佐藤健吉氏】
担当の大山理事より企画案資料にもとづき報告を受けた。
オブザーバー佐藤健吉氏(千葉大学)より「房総半島横断鉄道沿線のエコミュージ
アム環境整備」プロジェクト(国交省モデル事業)の説明を受けた。
② 事務連絡【事務局】
事務局より、資料にもとづき会員数の推移と、第一四半期(4-6月)の経理・資産
状況について報告を受けた。
以上
——————————————————–
■4.事務局からのお知らせ
——————————————————–
〇8月30日に、理事会と「博物館・文化財連携部会」を東京都東村山市
で開催しました。東村山ふるさと歴史館の分館「八国山たいけんの里」
をお訪ねして、市民参加による体験プログラムや運営組織の開発経緯
などを石川学芸員からうかがいました。その後、東村山市内の文化財
と自然を訪ねる「体験ツアー」に出かけました。市内の観光ボランティア
さんも同行してくださり、最後は東村山市の郷土料理である「うどん屋」
さんで締めるという楽しい例会となりました。詳しい報告は、会誌15号
に掲載予定ですのでお楽しみに。(担当理事 馬場憲一)
〇9月5-6日には、2009年度全国大会を山梨県小菅村で開催しました。
昨年度の奈良県明日香村に続き、100名を超す参加者が集まり大盛況
でした。初日は小菅村内を6コースのエクスカーションで散策した後、夜
は「植物と人々の博物館~エコミュージアム日本村」のビジターセンター
兼展示室でもある小菅村中央公民館で、小菅村の方々の心づくしの料
理で楽しい懇親会が行われました。2日目午前は、同会場でワークショ
ップが行われ「山村再生」や「(多摩川)流域連携」を巡って熱心な討論
が行われました。午後はオプション・エクスカーションとして「多摩川むか
しみち」の散策が行われ、充実した大会を終えることが出来ました。主
催運営をしてくださった小菅村大会実行委員会の皆さまに、厚くお礼を
申し上げます。今大会の詳細報告も、会誌15号に掲載されます。お楽し
みに!(担当理事 木俣美樹男)
〇9月は小菅村大会とともに始まり、続けてjecomsも後援団体となった
「第2回・つなぐ人フォーラム」(9月6-8日・山梨県清里)へ続き、その後
も全国各地のエコミュージアムの現場をお訪ねする機会がありました。
忙しさにかまけて、会員の皆さまへメールマガジンをお届けする時期が
すっかり遅くなってしまいました。深くお詫びいたします。
今後とも、jecomsメールマガジンでは、日本各地の活動や、会員の皆
さまからの情報発信を、積極的に掲載していきたい思っていますので、
ご希望・お問合せは気軽に事務局までご連絡ください。
(事務局担当 嵯峨創平)
=================================================================
日本エコミュージアム研究会 事務局  Japan Ecomuseological Society
東京都清瀬市野塩1-307-1-203(〒204-0004)
NPO環境文化のための対話研究所(IDEC)内
嵯峨創平 SAGA  Sohei
E-mail: jimu@jecoms.jp   Fax: 042-495-8963   URL: http://www.jecoms.jp/
郵便振替:00170-0-74380
銀行口座:三菱東京UFJ銀行 所沢支店 普通0051860
口座名義:日本エコミュージアム研究会
=================================================================

サイト内の検索

お知らせ

▲▲▲会員宛メルマガを毎月送信しています。アドレス変更等の連絡いただけずに、配信不可の方いらっしゃいます! 至急、 アドレスご確認ください。 ▲▲▲会員メルマガを携帯に転送している方で携帯アドレス変わってそのままの方います!至急修正してください。 ▲   ●メルマガここには、2~3カ月後の公開です。会員には随時送信。

最近の更新記録

カテゴリー

アーカイブ