日本エコミュージアム研究会

Japan Eomuseological Society

 
 

Archive for 7 月, 2008

2007/7 「文化財行政・既存博物館との連携部会」

「文化財行政・既存博物館との連携部会」報告(概報)
2008年7月27日(日)午後1時から「文化財行政・既存博物館との連携部会」(略称「文化財・博物館部会」)
が開催されました。
本部会は、エコミュージアムと既存地域博物館(従来型博物館)
・文化財保護行政との連携やその課題などを様々な視点から検討していくことを目的に開催されてきました。今回の部会は、日本エコミュージアム研究会編『エコミュージアム 理念と活動』(1997年 牧野出版)にも紹介されたことがある東京都新宿区の”新宿ミニ博物館”についての報告とその見学会でした。
当日は、最初に法政大学 大学院棟(東京都新宿区)の教室で、”新宿ミニ博物館”事業開始当初から関わってこられた担当者の北見恭一氏(新宿区役所文化観光国際課 主任)から事業の具体的な話を伺いました。
北見氏の報告は、最初に新宿区の歴史と地勢について、「新宿区」が1947年(昭和22)に成立し、その区名が甲州街道の宿場町として賑わった「内藤新宿」に由来すること。大正頃からは新宿駅周辺が開発され、戦後の歌舞伎町や新都心地区なども含め、繁華街・歓楽街が街のイメージとなっていること。ついで昭和62年度から区の実施計画事業として「街は博物館構想」がスタートしたが、その構想が全庁的な事業におよぶ計画であったために、結局、上手くいかず、事業として残ったのが新宿歴史博物館(文化財担当)の所管していた「新宿ミニ博物館」であったこと。しかしその「新宿ミニ博物館」も事前の資源調査や地勢調査などが十分行われていない中で計画されてきたため、当初の計画が思うように進捗しなかったことなどについて説明がありました。
その後、報告は、「新宿ミニ博物館」事業の具体的な内容と設置されている7館の活動や特色などが紹介され、最後に、ミニ博物館事業全体についての今後の展望などが話されました。
北見氏の報告をうけて、出席していた3名の方から以下のような質問や意見が出されました。
(質問)「新宿ミニ博物館」事業を実施してきて、博物館側のメリットはありましたか。
(環境文化のための対話研究所 嵯峨創平氏)
(回答)博物館部門としてはあまりメリットはなかったが、文化財部門としては社寺の文化財の公開を促進するための施設整備を、ミニ博物館の補助金を活用していただくことで実現できた点が大変大きかった。(北見氏)
(質問)新宿区文化観光国際課に所属とのことですが、今年の秋には観光庁も設置される予定でもあり、「新宿ミニ博物館」が国際観光の受け入れの場として、新しく考えられている施策はありますか。(丹青研究所 大山由美子氏)
(回答)文化観光国際課は、今年の4月に設置されたばかりで、昨年度までの文化国際課(文化振興と国際交流所管)に観光と文化財が加わってスタートしています。ミニ博物館を観光資源として積極的に発信していくのか、国際関係で言うと外国語標記等を充実させていくのかなど、これから課として検討していくことになります。(北見氏)
(意見・質問)ミニ博物館構想は当初のペースでは出来てはいないものの、新宿という地域は沢山の歴史・文化などの地域資源が豊富で、多様なエコミュージアムの展開ができる恵まれたところだと思います。ゆっくりと進めていかれれば良いのではないでしょうか。毎年予算獲得のために、各館の実績をどのように把握されていますか。 ((特活)
茨城の暮らしと景観を考える会 今橋克寿氏)
(回答)寺社では、参拝者の数を把握されていないのでデータは挙がってきません。つまみかんざし博物館からは、来館者の人数のほか出前の出店・展示などの取組みについても報告があります。いずれにせよ各館の業務に負担をかけないようにしています。(北見氏)
報告会終了後、地下鉄で四ッ谷駅に移動し、ここを起点に、江戸城の城門であった「四谷見附跡」から「内藤新宿」(現・新宿二丁目周辺)まで四谷地区の史跡・文化財と新宿歴史博物館、さらにミニ博物館の須賀神社と太宗寺などを見学し、ミニ博物館事業の現状を視察しました。
今回の部会は、都心で教育行政のセクションが担当し展開してきた「新宿ミニ博物館」という極めて珍しいエコミュージアム的活動を取り上げ、その取り組みと実践活動について理解を深めるという趣旨での開催でしたが、西は兵庫県、北は茨城県などから22名の方々が参加し、真夏に東京を歩くという本会にとっては初めての試みでしたが、現地を見学し、日本でのエコミュージアムの多様な展開の可能性を探ることができました。
馬場憲一(JECOMS理事)

メルマガ25号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本エコミュージアム研究会メールマガジン 25号  <2008.7.8>
発行人:吉兼秀夫、 編集人:中野喜吉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[目次]
1.まもなく7/27博物館連携部会開催のご案内
2.2008度総会の報告
3.事務局からのお知らせ
——————————————————–
■1.まもなく7/27博物館連携部会開催のご案内
——————————————————–
文化財行政・既存博物館との連携部会(兼 関東例会)開催のお知らせ
今回の部会は、日本エコミュージアム研究会編『エコミュージアム 理念と活動』
(1997年 牧野出版)にも紹介されている東京都新宿区の”新宿ミニ博物館”に
ついての報告とその見学会です。
都心で展開されている「エコミュージアム」的取り組みの実践活動を、事業開始
当初から関わってこられた担当者の方をお招きしその事業の具体的な話を伺い、
現地を案内してもらいます。
会員の方は勿論のこと非会員の方も奮ってご参加ください。
1.日時 2008年7月27日(日) 午後1時~5時
2.場所 法政大学92年館(大学院棟) 401教室(4階)
〔住所〕東京都新宿区市谷田町2-15-2
http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/campusmap.html
〔交通アクセス〕
・JR総武線市ヶ谷駅          徒歩10分
・地下鉄有楽町線市ヶ谷駅 5番出口  徒歩 3分
・地下鉄新宿線市ヶ谷駅 A1出口    徒歩10分
3.内容 【報告】  午後1時~2時
〔テーマ〕 「”新宿ミニ博物館”について」
〔報告者〕 新宿区役所文化観光国際課 主任 北見恭一 氏
【現地見学】 午後2時~5時
〔見学コース〕須賀神社 → 新宿歴史博物館 → 太宗寺 (予定)
4.参加費  無料 (ただし、新宿歴史博物館の入館料300円がかかります)
5. 新宿ミニ博物館について
新宿区では昭和62年度から、当時の区実施計画事業として「街は博物館構想」を
スタートした。この事業は、平成元年1月に開館して新宿区立新宿歴史博物館を
核として、区内に散在する文化資源のネットワーク化を図るものであり、
その根幹事業としてミニ博物館の設置を進めた。対象範囲は、社寺、史跡・文化財、
伝統工芸、地場産業、老舗、企業、個人コレクション等とし、設置と運営に対して
補助金を交付するものである。
平成8年度までに開設したミニ博物館は計7館で、内訳は地場産業2、伝統工芸1、
社寺3、史跡・文化財1となっている。
なお、その後も新館設置に向けて資源調査等を行ってきたが、区の財政状況もあり
実現していない。
6.問合せ・参加申込
馬場憲一 kenbaba@hosei.ac.jp
〒194-0298 東京都町田市相原町4342
法政大学大学院人間社会研究科 馬場研究室
〔TEL〕 042-783-2854 (研究室) 〔FAX〕 042-783-2824 (資料室)
※参加の場合は、7月25日までにE-mailかFAXで
お名前と所属をお知らせください。
——————————————————–
■2.2008度総会の報告
——————————————————–
去る6月15日に200年度総会が開催されました。以下その議事録です。
日本エコミュージアム研究会2008年度総会議事録
日時:2008年6月15日(日) 12:30~13:30
場所:東京学芸大学(環境教育実践施設 多目的室)
●1号議案 2007年度事業報告
全国大会 9月22-23日 会場 丹後星と海の見える丘公園
研究大会 6月10日   会場 立教大学池袋キャンパス太刀川記念館
研究例会 5月13日   会場 立命館大学大阪オフィス
(立命館アカデメィア@大阪)
11月17日   会場 東京学芸大学
1月26-27日 会場 広島大学東広島キャンパス広島総合博物館
憲章WG 立教大学6月10日研究例会で報告
総会   6月10日 立教大学池袋キャンパス太刀川記念館
理事会  4月1日、6月1日、9月23日、1月27日の4回開催
メールマガジン発行 13号から21号
機関誌  3月25日の奥付で発行
ホームページ 2007年9月より再開
会員状況 2008年3月31日現在
個人会員 207人   団体会員 10人
2007年度会費入金済み 114人   4人
2007年度会費未納     49人   4人
2006年度から会費未納   19人   0人
2005年度から会費未納   25人   2人
事務局移転 2007年8月(三重県度会郡度会町)
機関誌販売状況
2,4,5,7,8,9,10,12号各3冊、11号1冊の計25冊の販売 (1,3号は売り切れ)
●2号議案 2007年度決算報告
□収入の部
予算       決算  達成率
年会費      800,000     587,660    73
機関誌販売    40,000      89,080   222
例会等参加費  20,000      39,000   195
利息          10        309  3,090
前期繰越金   490,130     490,130   100
————————————–
合計      1,350,140    1,206,179    89
[年会費・入金内訳]
郵便振替 424,660
銀行振込 158,000
現金     5,000
———————–
合計 587,660
[前期2007繰越金内訳]
郵便振替  159,290
銀行(滋賀) 79,772
銀行(伊勢)    0
現金     251,068
———————–
合計     490,130
□支出の部
予算 [...]

サイト内の検索

お知らせ

▲▲▲会員宛メルマガを毎月送信しています。アドレス変更等の連絡いただけずに、配信不可の方いらっしゃいます! 至急、 アドレスご確認ください。 ▲▲▲会員メルマガを携帯に転送している方で携帯アドレス変わってそのままの方います!至急修正してください。 ▲   ●メルマガここには、2~3カ月後の公開です。会員には随時送信。

最近の更新記録

カテゴリー

アーカイブ