日本エコミュージアム研究会

Japan Eomuseological Society

 
 

「コミュニティ・デヴェロップメントとミュージアム  ~エコミュージアムとまちづくり~」 ユグ・ド・ヴァリーン氏講演

地域をまるごと博物館と見立てて、地域の文化的な価値を高め、コミュニティの活力をひきだそうとする地域全体のミュージアム活動「エコミュージアム」が、日本において各所で試みられている。このエコミュージアムという言葉を1971年に発案(フランス語でエコミュゼ)しその後の世界的展開の中心人物となったユグ・ド・ヴァリーン氏が今回来日することになった。文化施設小委員会では昨年11月に「ミュージアムWG」を発足させ、これからのミュージアムに関わる文化活動と施設についての研究を開始したところだが、この機会を捉え、ハコモノに囚われないミュージアムの意味や、地域づくりやまちづくりと一体化したミュージアム活動について、その誕生秘話や国内外の実例、今後のあり方について、氏自ら語ってもらう公開研究会を開催する。

主催 日本建築学会 建築計画委員会 文化施設小委員会 http://news-sv.aij.or.jp/keikakusub/s19/

後援(予定)全日本博物館学会、日本エコミュージアム研究会、三浦半島まるごと博物館連絡会

日時 3月8日(火)13:30-16:30
会場 建築会館2階会議室201・202室 (港区芝5-26-20)
内容 司会:大原一興(横浜国立大学)
記録:谷川大輔(谷川大輔建築設計事務所)

1.主旨説明:坂口大洋(東北大学)
2.ユグ・ド・ヴァリーン講演
「コミュニティ・デヴェロップメントとミュージアム」通訳:臼田久代
3.国内のエコミュージアム事例の紹介
川崎産業ミュージアム、三浦半島まるごと博物館連絡会、多摩川エコミュージアム他(交渉中)
4.討論「ユグドヴァリーンに訊く」

定員 40名(申し込み先着順)
参加費 無料
申し込み方法:E-mailまたはFAXにて、タイトルに「ミュージアム研究会参加希
望」と明記して、氏名、勤務先・所属、連絡先を明記の上、お申し込みくださ
い。(定員に達した場合のみお断りの連絡をいたします)

建築会館の地図

建築会館の地図

詳細ポスター(pdf)

申込み・問合せ:e-mail: ohara@ynu.ac.jp FAX:045-331-1730大原まで

Comments are closed.

サイト内の検索

お知らせ

▲▲▲会員宛メルマガを毎月送信しています。アドレス変更等の連絡いただけずに、配信不可の方いらっしゃいます! 至急、 アドレスご確認ください。 ▲▲▲会員メルマガを携帯に転送している方で携帯アドレス変わってそのままの方います!至急修正してください。 ▲   ●メルマガここには、2~3カ月後の公開です。会員には随時送信。

最近の更新記録

カテゴリー

アーカイブ