日本エコミュージアム研究会

Japan Eomuseological Society

 
 

メルマガ108

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本エコミュージアム研究会メールマガジン 108号   <2016.10.25>
発行人:大原一興  編集:中野喜吉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2011年の全国大会in阿智村から6年目のこの秋、地域の探訪ウォークが行われ
ます。阿智村教育委員会所属の学芸員・中里信之さんからのご案内です。

=======================================
【目次】
1.第1回地域探訪ウォーク「伍和栗矢」のご案内
2.事務局からのお知らせとお願い

========================================

■■■■■============================================================
1.第1回地域探訪ウォーク「伍和栗矢」のご案内
============================================================□□□□□

(阿智村教育委員会・中里信之)

阿智村認定地域資源普及事業 2016

2016/11/26(土)9:30 栗矢廻り舞台前集合

参加者大募集!!
事前申込締切:11月21日(月)ウオーク参加費200円

ウオーク関連企画 認定地域資源関連学習会
原九右衛門の地域づくり認定地域資源の学習会として、栗矢の廻り舞台建設に
尽力した原九右衛門の活動に焦点をあてます。

【講師】 粟谷真寿美さん(地域史研究者)
原九右衛門の関わった不二道・実行教の研究をおこなっている。

【日程 場所】 11 月 26 日 13 時半~14 時半 栗矢の回り舞台
【参加費】 無料・学習会のみの参加も大歓迎です!
【平成 28 年度長野県地域発元気づくり支援金事業です】

栗矢とは 村では、認定地域資源制度を進めています。今回、認定地域資源を
中心に地域のお宝を巡るウオークを栗矢で行います。
栗矢は、下條山脈の麓に位置し、果樹園など農地が広がり、江戸時代から明治
8 年に周辺の村と共に伍和村になるまで栗矢村といわれました。江戸時代は
旗本近藤氏領。下條道を通じて、駒場や下條親田と交流があます。
地域の認定地域資源として、栗矢の廻り舞台、力石、果樹園が広がり、中央・
南アルプスを展望できる大パノラマ中尾の景観の3つがあります。

事前申込締切:11月21日(月)
ウオーク参加費200円・昼食弁当代1000円
【主催】阿智村全村博物館連絡会
【共催】 阿智村・栗矢区・栗矢文化財保存会・伍和公民館

連絡先:〒395-0303 長野県下伊那郡駒場 483 阿智村役場協働活動推進課

TEL:0265-43-2220(代)
FAX: :0265-43-2351

栗矢文化財保存会の皆さんの案内で、栗矢の認定地域資源やその他の地域資源
をめぐる探訪ウオークです。

【順路】

栗矢廻り舞台(認定地域資源)→力石(認定地域資源)
→薬師堂・三十三観音→トンキラ小屋→中尾の景観(認定地域
資源)→果樹園→法力様・道祖神→原九右衛門旧宅→栗矢廻り
舞台
(3時間程度:順路変更有りうる)

●認定地域資源制度・・・
住民が主体的に価値を見出し次世代に継承していきたい地域の資源を村が認定
するものです。より多くの村民と共有して、みんなで次世代に守り伝えていき
ます。また、その地域資源を、地域の思いや物語と共に未来の村民に伝えよう
と活動している方々を応援します。また、認定地域資源の案内、調査、研究、
学習支援を行う案内人登録制度も 設けています。

認定地域資源については詳しくは役場ホームページ
「全村博物館構想」http://www.vill.achi.nagano.jp/site/muse/をご覧くだ
さい

————————————————————–
【認定地域資源関連学習会】 「原九右衛門の地域づくり」

ウオーク終了後、関連企画として認定地域資源関連学習会
「原 九右衛門の地域づくり」を行います。

こちらは申込不要です。認定地域資源の学習会として、栗矢の廻り舞台建設に
尽力した原九 右衛門の活動に焦点をあてます。

【講師】 粟谷真寿美さん

【日程・場所】 11 月 26 日 13 時半~14 時半  栗矢の廻り舞台

【参加費】 無料

参加資格 年齢、性別を問わず健康でウオーキングマナーの守れる人です。
ただし、小学生以下は保護者また は引率者の、身障者は介助者の同伴が必要
です。
※自己責任の下でウォーキングを行って下さい。

持ち物  参加費、雨具、防寒具、帽子、水筒、健康保険証コピー等各自でご準
備下さい。

●参加費 200円(保険代ほか) 弁当(お茶付)申込1,000円 (支払いは当日受
付で)

●申込 11月 21日(月)までに、申込書を事務局に、封書また FAX でお送り
下さい。
http://www.jecoms.jp/format/   からダウンロード出来ます。

●ウオーク参加費200円・昼食弁当代1,000円は、当日お支払いください。

【主催】阿智村全村博物館連絡会
【共催】 阿智村・栗矢区・栗矢文化財保存会・伍和公民館

連絡先:〒395-0303 長野県下伊那郡駒場 483 阿智村役場協働活動推進課

TEL:0265-43-2220(代)
FAX:0265-43-2351
(中里信之)

■■■■■============================================================
2.事務局からのお知らせとお願い
============================================================□□□□□

会員お一人一人の行動が、会の活動を進めます。行事への積極的なご参加を
お待ちしています。

新事務局長は、江水 是仁ですが
すべての事務引継完了までメルマガ発行を前事務局の中野喜吉が分担します。

≪以下は毎号同じです。≫
▼ 会員の皆さん、それぞれの地域での活動の「ひとコマ」をご紹介下さい。
また、掲載された記事に対してのご意見、ご質問もお寄せ下さい。
メルマガを待って読んでいただけるよう内容を充実させるのも会員お一人お一
人のご参加が決め手です。ご投稿いただきたい記事として

1.ご自分の地域、あるいは訪問した「各地の活動から」
2.皆に知らせたい「行事予定のご案内・参加募集」
3.過去に訪れた場所への「気になる地域へのお伺い(質問)」
4.今後「会に望む活動」等など、特にテーマを絞りませんのでどしどし投稿
下さい。

▼ 会員外も含む、エコミュージアムに関心をお持ちの方々の情報交換の場と
してのメーリングリスト[エコミュージアムML]があります。
会員外も参加いただけますので、お知り合いにもご紹介ください。
1.お名前(本名)
2.E-mailアドレス
3.お住まいの都道府県名を事務局までお知らせください。

(これは発信専用アドレスです。ここへは返信しないでください。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本エコミュージアム研究会   Japan Ecomuseological Society

事務局:
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
東海大学課程資格教育センター博物館学研究室 気付
℡:0463-58-1211 内線3189

E-mail:  jimu@jecoms.jp    ホームページ http://www.jecoms.jp
口座名義:日本エコミュージアム研究会
郵便振替:00170-0-74380  (会費振込先はこちら)
銀行口座:ゆうちょ銀行 店名:二二八(ニニハチ)普通預金 1624950
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Comments are closed.

サイト内の検索

お知らせ

▲▲▲会員宛メルマガを毎月送信しています。アドレス変更等の連絡いただけずに、配信不可の方いらっしゃいます! 至急、 アドレスご確認ください。 ▲▲▲会員メルマガを携帯に転送している方で携帯アドレス変わってそのままの方います!至急修正してください。 ▲   ●メルマガここには、2~3カ月後の公開です。会員には随時送信。

最近の更新記録

カテゴリー

アーカイブ